藤井風の英語勉強法!ハーフ疑惑になるほどメチャウマな理由とは?

藤井風
Pocket

藤井風さんが英語を話す姿をみて「あれっ?なんでこんなにめちゃうまいの?」

「どうしたらあんな風にしゃべれるのかな、勉強法ってあるの?」と思ったあなた、必見です!

藤井風さんは、神が二物どころか五物も六物も与えたもうたか!?と思うほど全てに長けていますね。

しかも、それがとても自然で嫌味がない、本当の意味で稀有な天然の天才さんの登場に日本中が大注目です。

今回は、その英語力の秘密に迫ってみたいと思います。

それでは一緒に見ていきましょう!

 

藤井風の英語レベルは本物

藤井風さんの発信力は凄まじいものがあります。

そして彼は、最初から世界に向けて発信しています。

彼のメッセージは基本的に全て英語で、日本語訳付き(たまに岡山弁訳 笑)です。

多くの英語ネイティブスピーカー達が、藤井風さんのユーチューブ動画を聞いて、彼の音楽と英語力を評価していますが、皆さん口を口を揃えて:

「彼の英語はすごくうまいよ!」と言っています。

そしてまた「彼はかっこいい!」とも評価しています!

同感です・・・・♪

 

藤井風がハーフと間違えられるほど英語ができるようになった理由

藤井風さんのその濃い目の容姿で、めちゃ流暢な英語で発信していたことから。

「藤井風は、ハーフなの?」と多くのハーフ疑惑が生まれました。

本当は、混じりっけない、日本人です 笑。

プロフィールで確認しましょう!

  • 名前 藤井 風 (ふじい かぜ)
  • 生年月日 1997年 6月14日
  • 星座 ふたご座(なんと “風” の星座!)
  • 年齢 24歳(2022年2月現在)
  • 出身校 岡山城東高校 音楽科卒業
  • 家族構成 オトン、オカン、兄(空)、上の姉(海)、下の姉(陸)、風さんは末っ子

 

オトンの驚くべき最先端な英才教育

藤井風さんの英語がネイティブ並みに上達したのは、音楽の才能はもちろんのこと、オトンの英才教育が決め手となったようです。

オトンさんは、かなりの先見の明があります。

今から約12年前に、「これからの時代はYouTubeだから、発信だ!」といってまだ12歳の風少年がピアノを弾いてはYouTube発信を開始することになります。

英語教育も同様です。

オトンさんがご自分で教えられていたそうですが、ピアノも英語もご自分でできた訳ではなかったそうです。

では、どのように教えていたのか?

本当の理由は、これからお話しする2つの理由です。

 

驚異のスーパーグローバルハイスクール指定高校 岡山城東高校 

知る人ぞ知る、のどかな岡山にある高校、岡山城東高校が超世界的人材を育成する教育方針をもった高校だったのです!

都心ではなく、岡山にあるというところがとても新鮮。

国際的に通用する人材を育成することを教育方針にしている高校に通いながら、教育に熱心なオトンのもとでその才能を花開かせたのが、藤井風さんだったのです。

 

藤井風さんの素直で真っすぐで人懐こい性格

最後のエッセンスとして大切は要素は、藤井風さんが生まれ持つ容姿と才能はもちろんのことですが、一番大切なのはその素直な性格にあったのではないでしょうか。

藤井風さんが英語を話している様子を見ても感じますが、英語を話すことが楽しくてしょうがないのでしょうね!

何事もそうですが、基本を忠実に学ぶことができる素直な性格を持つ人は、その後大きく伸びる人材となります。

 

藤井風の英語勉強法

藤井風さんが必ず行っているであろう英語勉強法についてまとめました。

  • 英語の歌詞を音楽を通してまず耳で覚える、耳コピ方式。
  • 英語で話せる外国人の友達を一人でもいいからつくる。
  • 映画やドラマはできるだけオリジナルで観る。

藤井風流英語勉強法は、耳をとおして音から入るやりかたです。

英語は、日本語と同様に言葉にすぎず、コミュニケーション手段にすぎません、上手に話そうなど、あまりハードルが高いと思わないことが大切。

究極、伝わればよいのです!

藤井風さんも最初は音で覚え、だんだんと意味を理解していったのだと思います。

かなり自然で賢い学び方ですね!

 

藤井風の英語勉強法のまとめ

藤井風の英語勉強法について見てまいりました、如何だったでしょうか?

藤井風さんが、ハーフ疑惑になるほどの英語力を身に着けたのは、オトンの英才教育と岡山城東高校の超国際的な教育方針によるものがベースにあったことが分かりました。

すぐに藤井風さんレベルになることはかなり難しいにせよ、耳コピ技を取り入れるのは今日からでもできますね!

言葉は生ものです。

音から入って慣らすことが、本物の言葉を習得する鍵だということを藤井風さんが証明していますね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました