ロードオブザリング力の指輪S1の3話あらすじネタバレと感想!アダルは何者?

エンタメ
Pocket

アマゾンプライムオリジナルドラマ・ロードオブザリング力の指輪シーズン1の3話あらすじネタバレのご紹介と感想をまとめていきます。

前回までのストーリーをみても、最初から濃い内容のスタートでしたが、3話もまた息をのむ展開になりました。

それでは一緒に、ロードオブザリング力の指輪S1第3話あらすじネタバレと感想!アダルは何者?ということで見てまいりましょう。

 

ロードオブザリング力の指輪S1第3話のあらすじネタバレ!アダルは何者?

ドラマ・ロードオブザリング力の指輪3話では、闇の勢力の登場が顕著になると思われます。

正直、思ったより早くオークが登場したなと思いました。

オークの登場とは、闇の勢力の出現を意味します。

それにしてもオークの首を獲ったシングルマザー、ブロンウィルはなんて勇敢なのでしょう!

ブロンウィルは今後、村を助ける指導者になっていくのではないでしょうか。

それでは、3話のあらすじネタバレをご紹介していきます。

ガラドリエルが漂流している海、ブロンウィルたち人間が住む南方の国、そしてハーフットの少女ノーリとミステリアスなよそびとの関係など場面を分けて見ていきましょう。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の3話あらすじネタバレ1・ガラドリエルがヌーメノール島に到着

海で遭難していたガラドリエルは、人間のハルランドに救出され、2人は相いれずも海の漂流を続けていました。

そして通りかかった船に救助されます。

この船の船長は、原作でも重要人物のひとり、エレンディルでした。

そして、このドラマの舞台のひとつとなる美しい島、ヌーメノール島に向かいます。

ガラドリエルはエルフであるのに、ヌーメノールでは歓迎されませんでした、何故でしょうか?

ヌーメノールの起源は、物語第一紀に、時の冥王モルゴスをエルフと共に倒した褒美として神の国ヴァラールから授けられた島なので、エルフは敵ではないはずです。

ヌーメノールの初代国王は、半エルフであるエロンディルの兄弟エルロス。

エロンディルは人間とエルフの血をひく半エルフです。

エロンディルはエルフとして生きることを選び、エルロスは人間とし生きることを選んだのです。

ドラマで登場するヌーメノール女王ミーリエルは、エルフに対して敵対意識を持っているように見えますが何故でしょうか?

女王エミリエールの顧問官として横に控える男、ファラゾールの影響ではないかと思われます。

ファラゾールという人物に注意しておきましょう

また、ガラドリエルと一緒に捕らえられた人間ハルランド(原作には登場しないオリジナルキャラ)という人物の動きもますます興味深くなってきました。

ガラドリエルが、古い書物の中にハルランドの紋章を見つけ、実は人間の住む南方の国の王であったことを発見、今後共に戦う戦友にならないかと持ちかけます。

ガラドリエルとハルランドの関係の行方も気になります

 

ロードオブザリング力の指輪S1の3話あらすじネタバレ2・南方の国オークの進撃

南方の国にはその昔、サルマンが仕えていた冥王モルゴス側についた人間たちが住んでいます。

森のエルフ、アロンディルが村を巡回して警備しているのはそのためでもあるのです。

村人のたまり場である酒場で、村の青年がアロンディルに食って掛かるシーンがありましたが、エルフに監視されているのに嫌気がさしているということでしょうか。

アロンディルは、北の国に異変が起こっていることに気づき、その地に赴きました。

その時に、何者かによって掘られた大きな地下道を見つけ、その中を捜査しているうちにオークに捕らわれてしまいましたね。

アロンディルが連れていかれたのは、オークたちが南方の国へ掘り進めていた地下道でした。

オークたちは、太陽の光が耐えられないため、地下道を行くことにしたと思われます。

アロンディルはそこで、同じように捕らわれの身になっていた仲間エルフ達に出会います。

悪の勢力オークたちに反撃をもくろみますが失敗、仲間のエルフは殺されてしまいます。

オークたちは、一人だけ残ったエルフ、アロンディルを彼らの主の前に連れていくことにします。

その時に呼ばれた名前が「アダル」です。

またまたきました、ミスリアスな登場人物!

アダルは、このドラマのキャストで既に紹介されていましたね。

筆者のキャスト相関図一覧紹介では、エルフではないかといっていました。

謎の人物アダル、アダルこそが、サウロンなのでしょうか?

それともサウロンの重要な手下となる人物?

今後の展開が気になります。

ところで、闇の冥王の手下であるオークたちは何かを探しながら地下を掘り進めていましたが、何をさがしているのでしょうか?

そこで思い出すのが、ブロンディルの息子テオが保持しているサウロン紋章の剣です。

テオの血が剣の中に取り込まれてしまった剣。

オークたちが探しいるのは、この剣なのではないでしょうか?

 

ロードオブザリング力の指輪S1の3話あらすじネタバレ3・ハーフット村がよそびとを発見

ハーフット族の村では、ノーリが発見した謎の男が村人の知るところとなります。

好奇心旺盛なハーフットの少女ノーリは、空から降ってきた謎の男の第一発見者となり、その隕石男さんを必死でかくまいます。

でも、秘密にしておくことは難しいです。

まず、よそびとは体が大きいですし、不可解な行動をとるので目立ちます。

村人が事実を発覚したときに、その「よそびと」はどうなるのでしょうか?

ハーフットたちは、彼らのしきたりに従って移住をすることになっていました。

村の集会で、よそびとの隕石男さんがとうとう見つかってしまい、ノーリがかくまっていたことを村人が非難します。

そこでノーリは、よそびとを助けたいを弁護しますが、誰も受け入れてくれませんでした。

ハーフット族が長い間生きてこられたのも、外部との関係を断っていたからでした。

突然の意味不明の訪問者をそう簡単に受け入れることはできないのだと母からも説得されるノーリ。

でも、よそびととノーリの間には友情が芽生えていました。

足を折って荷車を引くのが遅い父親のかわりに、よそびとがノーリたちの移住を助けるということで、何とか事態はおさまることとなりました。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の3話の感想は?

力の指輪3話の感想を抜粋してみました。

ドラマ・ロードオブザリング力の指輪3話の感想の中で多かったのは、ヌーメノール国の映像が美しかったというものでした。

重要人物であるエレンディルの登場もインパクトありましたね。

その一方、ストーリー展開が遅いとも声も聞こえています。

3話のタイトルでもあった、アデルについては、すでにサウロンなのではとの声も。

実際のところはどうなのでしょうか?

次の配信がまちきれないですね。

 

ロードオブザリング力の指輪S1第3話あらすじネタバレと感想!アデルは何者のまとめ

さてここまで、ロードオブザリング力の指輪S1第3話あらすじネタバレと感想!アデルは何者?ということで見てまいりました。

如何だったでしょうか?

ロードオブザリング力の指輪第3話の放送は、9月9日金曜日午後1時に放送されました。

今回は第3話あらすじネタバレ予想では、ガラドリエルのヌーメノール島到着と、オークの襲撃、そしてよそびと発見されるを予想していましたが、かなりいい線いってました笑。

実際のところ、ガラドリエルはヌーメノールでは受け入れられなかったのですが、何故でしょうか?

ファラゾールが関係していると思われます。

よそびととノーリの友情、よそびとはハーフット族に溶け込んでいくことになるのではないかと思います。

そして、アロンディルが出会うことになる人物アダルは何者なのか?

次の話のあらすじネタバレも楽しみにしていてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました