ロードオブザリング力の指輪S1の4話あらすじネタバレと感想!大きな波がくる

エンタメ
Pocket

ドラマ・ロードオブザリング力の指輪シーズン1は、話が終わるたびに次の話が見たくなる、視聴者を飽きさせないストーリー展開となっています。

4話では、とうとうアダルが登場し、エロンディルと対面することに!

一方ヌーメノールにいるガラドリエルはミーリエル女王を説得することができるのでしょうか?

それでは一緒に、ロードオブザリング力の指輪S1の4話あらすじネタバレと感想!大きな波がくるということで見てまいりましょう。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の4話あらすじネタバレ

ドラマ・ロードオブザリング力の指輪、前回の終わりに現れた謎の人物アダル、その人はサウロン本人なのでしょうか?

ヌーメノールで捕らわれの身になっているガラドリエルですが、その昔エルフと共に戦ったヌーメノールの領国アンドゥーニエ最後の領主アマンディルの息子であるエレンディルと出会いました。

エレンディルは、あのアラゴルンの祖先にあたる人ですね。

さて4話のあらすじネタバレをご紹介していきます。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の4話あらすじネタバレ1・大きな波くる

ガラドリエルは、ヌーメノールでエレンディルとの出会いを果たし、闇の勢力について記載のあった古の書から南方の国がサウロンの標的となっていることを発見しました。

ガラドリエルは、闇の勢力が迫っていることをミーリエル女王に状況を説明し、共に戦う必要があることを説明しますが、受け入れてもらえないどころか投獄されてしまいます。

牢屋から脱出したガラドリエルは、ミールエル女王の父である国王に直接会いに行きますが、国王が病の床にあることを発見。

ミーリエル女王は、半エルフを掲げているのは島民の内乱を鎮めるためだったことをガラドリエルに正直に告白します。

そしてヌーメノールの王族が持っていたパランティール(世の中に7つ存在した暗い色の丸い水晶石・手を置くと先のことを予見できた)をガラドリエルに見せるのでした。

パランティールに手を置いたガラドリエルが予見したもの、それはヌーメノール島を覆いつくす大波だったのです。

ガラドリエルの説得も叶わず翌日島を発とうとした時、島の聖なる木の花が一斉に散り始めます。

花びらが散ることは、ヌーメノールの危機を意味するとやっと理解したミーリエル女王は、ガラドリエルに賛同することを決意し、島民に現状を話し、エルフと戦うことを呼びかけます。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の4話あらすじネタバレ2・テオの剣

南方の国では、オークの出現後、人間たちはより安全な場所へ避難することとなります。

避難先では、食糧の不足が心配され、毎日食糧探しが続いていました。

ブロンウィルの息子テオも、食糧探しに住んでいた村に戻ります。

そこでオークに見つかり捕まりそうになったとき、とっさに隠し持っていたサウロンの剣を出し戦おうとします。

テオはまず剣を自らの腕に刺し、自分の血を入れることで剣に力を与えようとします。

テオは、剣が血を取り込むと刀の部分が現れて力を増すことを知っていたのです。

サウロンの剣でオークから逃れ、逃亡を試みます。

しかし夜になり、他にもたくさんのオークに囲まれ捕らわれそうになりますが、危機一髪のところでアロンディルが現れテオを救い出します。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の4話あらすじネタバレ3・ドワーフの秘密

ドワーフ族のいる鉱山では、エロンディルがドゥリン王子とディーサ妃が隠している秘密を探し当ててしまいます。

それは、ドワーフ族が新しく発見した不思議な鉱石でした。

いままでに存在するどんな鉱石よりも軽く強いその鉱石は、ドワーフ族をより最強にできる武器となるものとして、他に知られないよう内密に掘り出されていたのでした。

エロンディルは、友人であるドゥリン王子にその発見を他言しないと誓いますが、お互い思うところがあるようです。

この隠された地下の鉱山で、これから何か不吉な動きがあることを予感させられます。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の4話の感想を抜粋

4話目もかなり面白かったという感想が多く見られました。

飽きさせないストーリー展開、次回の話も期待が高まります。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の4話あらすじネタバレと感想のまとめ

さてここまで一緒に、ロードオブザリング力の指輪S1の4話あらすじネタバレと感想ということでみてまいりました。

如何だったでしょうか?

毎回、何かしら次をみたくなる謎を残しながら展開するストーリー展開と演出はさすがです。

4話では、闇の勢力サウロンの動きに気づいたガラドリエルは、ミーリエル女王と共に戦うことができる動きになってきました。

ヌーメノールの半エルフ派の動きが気になります。

南方の国では、テオが剣を持っていることをオークたちに発見されてしまいます。

オークたちは、必ずテオのもつサウロンの剣を狙いに襲撃してくるでしょう。

ドワーフの鉱山で発見された不思議な鉱石、エロンディルとドゥリンの友情を壊す理由になりそうな予感です。

次回の話のあらすじネタバレが気になったら、こちらも覗いてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました