ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレと感想!全種族の分岐点

エンタメ
Pocket

ドラマ・ロードオブザリング力の指輪シーズン1の5話のあらすじネタバレと感想について気になったあなた、必見です。

5話では、全種族の今後の分岐点となる大きな出来事が起こり始めています。

それでは一緒に、ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレと感想!全種族の分岐点ということで見てまいりましょう。

 

  1. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ1・南方の国
    1. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ1・南方の国・アダルの出撃
    2. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ1・南方の国・ワルドレグと村の分離
    3. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ1・南方の国・サウロンの剣と謎の泉
  2. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ2・ヌーメノール
    1. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ2・ヌーメノール・イシドゥル
    2. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ2・ヌーメノール・ハルブランド
  3. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ3・ロヴァニオン
    1. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ3・ロヴァニオン・よそびと
    2. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ3・ロヴァニオン・白装束の人
  4. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ4・リンドン
    1. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ4・リンドン・王の思惑
    2. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ3・リンドン・エルフ救いの鉱石ミスリル
  5. ロードオブザリング力の指輪S1の5話の感想を抜粋
  6. ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレと感想!全種族の分岐点のまとめ

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ1・南方の国

まずは、アダル率いるオークたちの攻撃の手がすぐそばまで来ていた、南方の国ではどのような展開があったのかをご紹介していきます。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ1・南方の国・アダルの出撃

前話では、村の少年テオが隠し持っているサウロンの剣をオークに発見されてしまいました。

オークの長であるアダルは、探していた剣の居所が分かったこと、そしてトンネルが完成したことで、村人の最後の砦であるオスティリスの物見の塔を進撃するとオークたちに告げます。

オークたちは、その夜出撃に向かうことになります。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ1・南方の国・ワルドレグと村の分離

一方、オスティリスの物見の塔に避難している南方の国の人間たちは、酒場の主人であったワルドレグによって分離されてしまいます。

南方の国の人間たちは、その昔、モルゴス率いる闇勢力とエルフの戦いで、モルゴス側に着いた祖先の子孫です。

ワルドレグは、祖先たちが崇拝していたモルゴス(サウロンの主人)勢力こそが救い主であると信じています。

勇敢なテオの母親ブロンウィルが、アダル率いるオークたちの攻撃に立ち向かおうと村人に声をかけますが、ワルドレグが阻止。

サウロンであろうアダル側につくべきだと煽動し、南方の人間たちを分離してしまいます。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ1・南方の国・サウロンの剣と謎の泉

闇勢力側につこうと煽動したワルドレグの誘いに心惹かれながらも母親ブロンウィル側に残ったテオ少年ですが、アロンディルに剣の秘密を打ち明けます。

アロンディルは、即座にそれがサウロンの剣であること、そして、その剣は折れているのではなくて、実は「鍵」であることを知ります。

なぜなら、村を長い年月守っていたエルフであるアロンディルは、その剣と同じ形の彫刻で縁どられている謎の泉の存在を知っていたからでした。

そして、テオが持っていた剣、その泉を開ける鍵は、どんなことがあってもアダルに渡してはならないものであると理解します。

オークたちの襲撃はもうそこに迫ってきています、次回はアロンディルとブロンウィル率いる人間たちと、アダル率いるオークの対決が起こるでしょう!

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ2・ヌーメノール

ヌーメノールでは、南方への出陣に伴い、志願兵の準備が行われています。

ハルブランドは参戦しないと言いガラドリエルの思惑に乗らない意思を示していますていますが、どうなるのでしょうか?

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ2・ヌーメノール・イシドゥル

エレンディルの息子イシドゥルは、志願兵にも応募してもかなわず、船長である父にコネで乗せてくれと頼みます。

中途半端な息子に、はっきりとけじめをつけるエレンディルはもちろん受け付けません。

イシドゥルは、なんと密航することを選択し船内に隠れることとなります。

そんな中、王の相談役ファラゾールの息子ケメンは、戦争に反対し、出航を阻止するため船に火をつけます。

火をつける寸前にイシドゥルが潜んでいることを発見、出ていけともみ合ううち火が点火してしまいます。

逃げる2人ですが、途中負傷し動けなくなったケメンをイシドゥルは助けなんとか海に逃れました。

ケメンを助けたことが幸いし、イシドゥルは志願兵の一人に入れてもらえることになります。

船長エレンディルが号令をかけ出航するシーンは、ヌーメノールの栄光と強さを表しているようでした。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ2・ヌーメノール・ハルブランド

さて出航した船にハルブランドは乗ったのでしょうか?

最後までガラドリエルの思惑にのらず、ヌーメノールに残るといいはっていたハルブランドは、ガラドリルから心のうちを打ち明けられ、心を動かされることになります。

ハルブランドは、自分の祖先が闇勢力モルゴス側につきエルフ軍と戦っていたという自らのルーツを気にしている様子。

そして、自分がオークに追われ、祖国を離れ海に逃れるまでになにか取り返しのつかないことをしてきたとも打ち明けます。

ハルブランドの今後は、大変気になるところですね。

ハルブランドの暗い過去は、彼を闇落ちさせていく要因になっていくのでしょうか?

この時点では、ガラドリエルに賛同し、ヌーメノール軍と共に出航することとなります。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ3・ロヴァニオン

ロヴァニオンに住むハーフット族の移住も少しずつ進んでいきます。

他のハーフットたちから遅れての出発でしたが、ノーリと家族、ポピーも、よそびとの力を得て何とか後に続いていきます。

その旅の中で、ノーリの家族やポピーは、よそびとと信頼関係を深めていました。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ3・ロヴァニオン・よそびと

ロヴァニオンに住むハーフット族は、季節の変わり目に移住する習慣があるとノーリがよそびとに話します。

よそびとは自分が何者であるのか分からないことに苦しんでいました。

そんなよそびとに、ノーリは「あなたは、いい人よ」と言います。

お互いを助け合うことで、よそびととノーリの家族はじめ、ハーフット族との間に信頼関係が生まれていたのです。

移住する途中で狼に襲われそうになりますが、よそびとが戦い追い払うことに成功。

よそびとはさらに、ハーフットの信頼を買うことになります。

一方、地を叩き狼を吹き飛ばしたよそびとは、自分の力に戸惑いを隠せません。

叩いた手を水で冷やすうち、自らと対話するかのように聞きなれない言葉を話しトランス状態に入ります。

その時、よそびとの手を浸していた水が凍っていく現象が起こります。

それを止めようと凍る手を触ってしまったノーリは、自分の手も凍ってしまい、はじめて、よそびとから身の危険を感じてしまうのでした。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ3・ロヴァニオン・白装束の人

ハーフットの住むロヴァニオンで不穏な動きが見られます。

よそびとが隕石のごとく落下した跡地に、謎の白装束の者たちが訪問するのです。

予告で現れた、いかにもヴィラン的面持ちの謎の人物がとうとう5話で登場します!

よそびとが中つ国に到着していることを確認したこの怪しげな者たちは、誰なのでしょうか?

サウロンが姿を変えているヴィラン?

それともサウロンに仕える僕たち?

また、この訪問による、よそびととの関係性もかなり意味深です。

よそびとサウロン説が強くなる可能性もでてきましたね。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ4・リンドン

エルフの国リンドンでは、ドワーフの王子ドゥリンの訪問をうけ、ギルガラド王がエルフとドワーフの同盟を祝う晩餐を行います。

双方とも相手の腹の内をさぐる会話が続きます。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ4・リンドン・王の思惑

ドワーフ族が発見した新鉱石の秘密をエルロンドに友情の証として打ち明けたドゥリン王子は、エルロンドを信じたいけれど、なにか裏があるとも疑いながらリンドンを訪問します。

エルフのギルガラド王は、実はすでに新鉱石が発掘されたらしいことを知っていました。

それを確認するために、ドワーフと友好な関係にあるエルロンドをドゥリンのもとに向かわせたのでした。

ギルガラド王はエルロンドに、新鉱石ミスリルはドワーフによって発掘されたのかと問います。

しかし、友に誓いを立てたエルロンドは最後まで打ち明けないのでした。

そこで、ギルガラド王は、エルフ族の聖なる木が枯れ始めている現象が起こっていること、その原因は闇勢力が強大になっているからだと打ち明けます。

そしてエルフを救うことができるのは、新鉱石ミスリルの光によってのみであると説明します。

王に問われても、秘密を打ち明けることをしなかったエロンディルのまっすぐな心は、逆にはギルガラド王の信頼を強くすることになったのではないでしょうか。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレ3・リンドン・エルフ救いの鉱石ミスリル

エルロンドは、ドゥリン王子をカザード・ドゥームまで送っていく道中で、エルフの国リンドンが危機に面していること、そしてエルフを救うことができるのはドワーフしかいないと話します。

また、ドゥリンを訪問したのは、ギルガラド王による思惑であったこと、自分はそれを知らされていなかったことも告白。

「エルフを救えるのは、ドワーフしかいない」

という言葉が気に入ったドゥリン王子は、エルロンドの誠意ある態度に、友を援助することに協力することにします。

ただ、まだ解決したわけではありません。

一番の難関は、ドゥリン王子の父である国王を説得することになるでしょう。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話の感想を抜粋

ロードオブザリング力の指輪5話を見た感想を抜粋してみました。

 

ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレと感想!全種族の分岐点のまとめ

ここまで一緒に、ロードオブザリング力の指輪S1の5話あらすじネタバレと感想!全種族の分岐点ということで見てまいりました。

如何だったでしょうか?

中つ国の中で起こっている様々な出来事、全種族の分岐点として取り上げてみました。

ドラマ・ロードオブザリング力の指輪も後半に入ってきましたね。

次のお話では、そろそろ大きな戦いが起こるようです!

どのような展開になるのか、ますます目が離せませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました